-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-25 17:16 | カテゴリ:ガンプラ王2013

前々回のブログにも書かせていただいていた「ストライク アズーロ」で応募していた



000_20130725155933.jpg



「第15回電撃ガンプラ王」(クリックで電撃ガンプラ王サイトへジャンプします)


001_20130725155936.jpg


本日発売の「電撃ホビーマガジン9月号」にて入賞作品全ての発表がありました。

今回のブログ更新は、その結果ご報告と個人的な感想などを加えさせていただきます。

※画像ですが全体を出すのは控えさせていただき、タイトルのみや半身などの写真を掲載させていただきます(詳しくは本日発売の電撃ホビーマガジンをご欄いただけたら・・・と思います!)


早速ですが、栄えある第15代ガンプラ王に輝いたのは・・・・・・・・(どろどろどろどろどろ。。←すみません、先日のNIPCOMに参加された方だけにしかわからないネタです 笑)



002_20130725155935.jpg


iyo_08さんの「SD UNICORN GUNDAM」

iyoさん!!おめでとうございます!!!!


ガンプラ王史上初の「SD」での栄冠。すごい!!

実はiyoさんのSD作品はちょうど1年前にモデラーズギャラリーで当時投稿されていた「SD キュベレイ」を一目拝見した時から大ファンになり、静岡ホビーショーに行った時、偶然iyoさんの作品を見つけ、iyoさんご本人にも直接ご挨拶をさせていただき、すこしお話なども伺う事ができました。


自分が一目惚れした「SD QUBELEY ver.EVOLVE」です(クリックでモデラーズギャラリーのページへジャンプします)


その時に展示されてあった今回のガン王作品である「SDユニコーンガンダム」を拝見させていただいていたので(工作、塗り、バランス、全てがハイレベル)、納得の受賞です。

iyoさん、受賞本当におめでとうございました!




003_20130725160843.jpg


続いてオープン部門第2位
「月刊@やまださん作 ヒートロッド実験機」


そして第3位は
「アメノミさん作 GROW UP

お二人とは直接お会いした事はないのですが、いずれも素晴らしい作品でした。
特に第3位の「10年という月日を経て成長したグーン」を作られたアメノミさんのコンセプト、アイデア、工作技術、いずれも素晴らしいもので文句なしの受賞だったと思います。

解説文にも書かれていた「少年から大人への成長(GROW UP)」
個人的にも大好きなMSでしたので「大人に成長したグーン」が見れて幸せでした^^


月刊@やまださん、アメノミさん、受賞本当におめでとうございました!






ここからは、自分が模型再開してお知り合いになった、また同じコンペなどに参加させていただいた方々の受賞作品を紹介させていただきたいと思います。


005_20130725162113.jpg


まずは中学生部門第2位
ぷーも君の「δプラス」

先日のNIPCOM6でもお会いしたぷーも君、正直「こんな若い子があんな作品作るの?!」と驚きました。
NIPCOMでも目を皿のようにして各作品を研究されていたのがとても印象的でした。
1年後、2年後にまたさらに成長、飛躍され、素晴らしい作品を手がけられる事、楽しみにしております。

受賞、本当におめでとうございます!



006_20130725162241.jpg


そして小学生部門第1位
TAKUMA君の「戦いの後」

TAKUMA君とは直接会ったことはないのですが、以前にSNSのほうでお父さんと交流させていただいた事がありました。SNSのほうでも何回かTAKUMA君が作られた作品などを紹介しており、その技術の高さに毎回驚いておりました。TAKUMA君1位おめでとうございます!




ここからは審査員特別賞(入賞作品)



007_20130725162513.jpg



月刊ガンダムエース賞
SSCさん作「ガンダムデルタカイExt」

SSCさんは今年はじめの「かずをさん主催の【ずをコン3rd】」で一緒に参加させていただいておりました。今回のデルタカイはそのずをコンの改良版ということでしたが、生で拝見したくなるほど素晴らしい作品。。技術の高さに驚きました。SSCさん、おめでとうございます!




008_20130725162741.jpg


HIRONOX賞
チアキ・バチスタ!!さん作「MS-06 Production Type」

いつも独創的な世界を作られているチアキ・バチスタ!!さん。今回はわずか5日間で作り上げたとはとても思えないほどの完成度でした。。受賞おめでとうございます!




009_20130725162934.jpg



バンダイ賞
かっちゃんさん作「量産型νガンダム(インコム搭載機)

かっちゃんさんも同じく「ずをコン」でご一緒させていただいた方で、ツイッターのほうでも楽しく交流させていただいてます^^素晴らしいセンスを持ったモデラーさんで僕もかっちゃんさんの作品からいつも勉強させていただいております。
かっちゃんさん、受賞おめでとうございます!




010_20130725163054.jpg



桜井伸之賞
いべまにさん作「ジオン残党の「誇り」と「悲哀」」

いべまにさんとは以前SNSのガンプラコミュでよく作品や製作途中を拝見させていただいており、独創的な「いべまにプロポーション」のファンの1人でした^^いつも何か面白いものを作品に吹き込んでくださるいべまにさん、これからも楽しみにしております。受賞おめでとうございます!





もう1人・・・、
残念ながら今回は最終選考に選ばれたものの入賞ならずだった
「Kouichiさん作 100年後の宇宙へ」


011_20130725163609.jpg


文句なしの素晴らしい作品だったと思います。審査員の総評でも「今回は審査が割れた」と、多くの方が書かれていたほど大混戦の2次選考及び最終審査だったと思います。自分が見ても本当に「甲乙つけがたい」素晴らしい作品ばかりだったと思うのです。
普段は製作代行をされているコウイチ君に「ガン王一緒に出てみない?」と誘い、今回のガン王に応募するにあたり、製作中もメール等で頻繁にやりとりをして「一緒に最終審査まで残ろう」と約束し、最後まで2人でこの大会を楽しみ、またドキドキしていたこと、忘れられない記憶となっています。

誌面には載ってはおりませんが、こういう素晴らしい作品も最後まで残っていたのです。







最後に、自分の応募作品の結果を書かせていただきます。



002_20130725171219.jpg


今回のこのストライク・アズーロは



012_20130725164841.jpg


読者投票賞

をいただきました。


この投票賞というのは全応募作品1073作品中、投票対象となる一次通過400作品の中で一番投票が多かった作品に与えられる賞で、

「現在、ガンプラを支えている一般の方々」


の生の投票で選ばれる自分にとってもすごく特別なものです。


この読者投票賞の歴代のモデラーさんも


2011年 buddさん
(クリックでモデラーズギャラリーの作品へジャンプします(受賞作品はこのギラドーガの改良型です))

2012年 たいすけさん
(クリックでモデラーズギャラリーの受賞作品へジャンプします)


と、ハンパない実力者の方々ばかりで、嬉しい反面、身の引き締まる思いも感じております。



・・・実はこのストライク、当初大会などに出す予定の作品ではありませんでした。
ですが、WR荒川先生に去年の暮れにお会いした時に「こういう作品は大会に出さなきゃダメ」とおっしゃっていただいたのです。

あの時に背中を押していただいた先生に心より感謝いたします。



013_20130725170935.jpg



偶然ではありますが、先生の円形劇場ヤマト作例(素晴らしかったです。。)と同じ号に載せていただいた事、大変嬉しく思います。
僕のストライクはあまり大きくもない扱いですが(^^;
それでも僕にとってはとても記念に残るものとなりました。


今回いただいた投票賞がただの「まぐれ」「期待はずれだった」とならないよう、数年後「あの時にあいつに投票したのは間違いじゃなかった」と思っていただけるようなモデラーになれるよう今後も精進してまいります。


皆様、多くの投票本当にありがとうございました!







もう一点最後に・・・。


現在、国内でのガンプラコンテスト大会の応募作品が1000近くになるメガ大会といえば、

今回の電撃ホビーマガジン主催の「電撃ガンプラ王(ガン王)」
ホビージャパン誌主催の「全日本オラザク選手権(オラザク)」

そして今年で第3回目となる「ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)」

この3つ。

自分は今年、まだ未参加だったオラザク、GBWCのどちらかに参加する予定でしたが、すこし悩んだ末、今年はGBWCのほうに初参加いたします。

オラザクはやはり「オラザク用」として去年作っていた(間に合わず断念)「マラサイ」をなんとしても完成させ、それを来年出したいと思っております。やはりあのまま未完で終わらせるのはとても悔しいので。

GBWC参加予定作品は今年製作したνガンダムです。

単体のみではさみしいので、台座なり、ヴィネットなりをこれからすこし考えたのち参加いたします。

ですので、現在製作中のリックディアスの製作はすこしお休みして、それの製作に時間を割きたいと思います。

リックディアスの進捗を楽しみにされていた方がもしいらっしゃたら・・・ですが、ディアスは秋以降製作再開ということになります。申し訳ありません!


ではでは、長々と書いてしまいましたが、最後までおつきあいくださりありがとうございました。

また次回です!

スポンサーサイト
2013-07-16 13:26 | カテゴリ:台座

ひさしぶりの更新となりました(汗)

初の広告表示も出てしまい。。 アクセスしていただいた方には見づらく申し訳ありませんでした。

この一ヶ月くらいの間、何をしていたか・・・、もちろん製作のほうもすこしつづではありますが進めてはいるのですが、それ(製作)以外のモデラーとしての活動、勉強等に重きを置いておりました。

やはりアウトプット(製作)を続けているばかりではなく、今はインプット(勉強、吸収)もとても大切であり、インプットを怠りアウトプットばかりしてるといろんな意味でワンパターン化、そしてアイデア、デザイン等「枯渇化」をしてしまうので、インプット、そしてアウトプットをバランス良くこれから続けてまいりたいと思っております。

今回のブログ記事は、この数ヶ月の間でインプット(吸収)したものを実際に自分で作ってみた。。そういう内容の記事にしたいと思います。


ちょうど先月になりますが、n兄さんからお誘いをいただき「竹谷隆之さんの個展」を見に行ってまいりました。


001_20130716121200.jpg



もうあちこちの模型・造形関連のブログで写真等公開されておりますので、ここでは掲載等は一枚のみに控えさせていただきますが、とにかくこの夏場の蒸し暑い季節の中でも鳥肌が立つほどの数々の造形物を目の当たりにし、あらためて「実物展示だけがもつ圧倒的なチカラ」を感じることとなりました。


002_20130716121158.jpg



あそこで見た、得たものというのは今よりも数ヶ月後、数年後に必ず活きてくる、また活かしていかなければならないなと感じております。

そしてこういった展示会等にお声をかけてくださったn兄さんには本当に感謝の言葉もなく、そこでいただけるお言葉、どの部分に兄さんが感動されているのかなど、そういった部分も含め今回もたくさんの勉強をさせていただいた、自分にとって大変実りある1日となりました。


静岡HSに続き、自分に勉強する場を与えてくださったこと、本当にありがとうございました。


いただいた数々のお言葉、「こういう作品をしっかりと見ておけ」とアドバイスくださった事など、今後の作品に吸収、そして反映させていくことがなによりの恩返しだと思っておりますので、これからますます精進していきたいと思います。



*******************



先日の竹谷さん展だけでなく、自分はこの半年間の間、かなり積極的に展示会、模型作品が拝見できるオフ会等に参加させていただきました。


模型再開して以来1年間はそういったところに一切顔を出さず、ただひたすら製作のみに打ち込んでおりましたが、一転今年に入ってからは「模型作品を実際に生で拝見する」という別の意味での模型力向上のための勉強をしております。

そこで自分が感じたもの、写真だけでは決してわからなかった部分等、驚くほど多くの発見がありました。

写真とは全くの別物に見えてしまうもの、
写真ではその作品が持つチカラ、魅力が半減以下・・・
というのもあり、そこで今回、


「模型作品を画像公開だけではなく実際に展示する場合を想定しての作品作り」


にチャレンジしてみました。


その一つ「台座作り」です。


ジオラマ、ヴィネットでは当たり前になっている台座ですが、単体モデルでもこういったものもあってもいいんじゃないかと。。

それもアクションベースやアクリル板などをそのまま使用するのではなく、オリジナルの台座を作ってみたい。




003_20130716121737.jpg

ということで、早速東急ハンズに向かいまず台座の下のベースとなる「木製の台座」を作るため、木材を仕入れてきました。

ハンズは木材をサイズ指定すればその場でカットしてくれるので自分が作りたいサイズにそれぞれ断裁。



004_20130716122021.jpg

組み立ての開始です。木工用ボンドを使い組立てていきます。




写真を撮るのを忘れてしまいましたが、天然のそのままの色では安っぽくなってしまうので、木に使い古したような「色」をつけていきます。
これは塗装ではなく、ニスと研磨ですこしづつ天然木に色をつけていくのです。


005_20130716122259.jpg


ニスを塗布後、乾いたら全体を研磨し、またニスを塗る、そして乾いたらまた研磨・・・これを今回は7~8回繰り返しました。



006_20130716122516.jpg

これが元の色との差です。元はざらついておりますが、こまかい研磨を重ねていくことでつやつやの質感に変わりました。



次にプレートです。これもとても重要なアイテムで、自分はこれを「鉄の質感」のあるプレートにしたいと考え、画材など豊富に取り揃えてある世界堂さんへ行き、鉄の質感のある紙はないかと探したところ、インクジェットプリンタでもにじまないメタルペーパーというものを発見。購入しテストしてみたところ、自分の想像よりはるかにキレイにプリント出来ました。


007_20130716122648.jpg


インクのにじみもほとんどありません。
アルミ質感を感じさせる「ヘアライン」もとても良く、今後他の部分でも使えそうです。





次に木製の台座の上に置くヴィネット風なものの製作。


008_20130716123037.jpg


νガンダムは宇宙仕様ということで土や岩を置くのは違和感がある。そこでトラスを下に敷き、その上にメカニカルな人工物を置きました(これはコトブキヤのメカニカルベースを使用)。

νガンダムはここに浮かせて展示したいのでνガンダム用の支柱をこのメカニカルベースに取り付けます。


一応のベースの完成ですが、これだと変にまとまりすぎており、面白みもなく、どうにも味気ない。。



009_20130716123301.jpg

010_20130716123439.jpg

そこで、そのベースから配線、配管、鉄骨などをランダムにむきださせました。



012_20130716123648.jpg

最後に上のベースにもジャンクパーツ類をデコレートし、工作部分は完成です。




塗装に入ります。


013_20130716123833.jpg


まずは黒サフを全体にムラのないように吹きかけていきます。




014_20130716124010.jpg

そしてアイアンカラーを塗布。




このままではつまらないので汚し塗装を加えます。

015_20130716124609.jpg

016_20130716124607.jpg

017_20130716124606.jpg


アクリルのブラックを使いウォッシング。均等ではなく、ところどころ汚しがひどい部分、またそこそこキレイな部分などランダムに汚していきます。


018_20130716125012.jpg


オリジナルと。だいぶ汚れました(^^;



最後に仕上げのコーティング(ツヤをすこし取ります)をして完成です。


昨晩、一眼レフで撮影をしてみましたので、完成品をご覧ください。


019_20130716130733.jpg

020_20130716130731.jpg

021_20130716130730.jpg

022_20130716130808.jpg

023_20130716130729.jpg

024_20130716130727.jpg



一応、台座は地球に落下するアクシズ内を想定して作りました(こういう雰囲気のところにνガンダムが入り込んでいくシーンありましたよね)。


実際にνガンダムも取り付けてみたのですが自分が想像していた形になってくれたと思います^^


わずか5日間の製作でしたが、単体の製作とはまた違った楽しさがあり、かなり夢中になって一気に作り上げてしまいました。

中でもひさしぶりの「汚し塗装」は手前味噌ながら自分が大好きな表現方法ですので、ソリッドのキレイ塗装ばかりでなく、またこういった塗装もしていきたいなと思いました。


以上、「オリジナル台座作り篇」でした。


ではでは、また次回!


※猛暑が続いておりますが、皆様どうか適度な水分・塩分をマメに摂るようにしてご体調など崩さずご自愛くださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。