-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-22 12:48 | カテゴリ:MG サザビー Ver.Ka

こんにちは!


MG サザビー Ver.Ka 【GBWC2013ゴールドトロフィーVer.】製作記(前編)


前回の記事からすこし間が空いてしまいましたが、金サザビー製作の後編となります。


まず最初に、この金サザビー製作は前作のGセルフと同じくTwitterのほうで製作進捗をアップしておりました。







Twitterは140文字制限のある短文投稿サイト(画像がつくと110文字くらい)

ブログのように長い文章での説明できませんが、こういった簡易的にまとめた内容で比較的気軽に製作の進捗を毎回アップさせていただいてます。

リプライ、いわゆるコメントも気軽に出来、自分も今はこのTwitterでたくさんの皆様と交流させていただいているのです。


そのTwitterでのサザビー製作進捗。

製作当初から3〜4日置きに製作進捗のツイートをしていたのですが、
途中ある時期全くツイートしていない期間がありました。




1月15日、これが1月の最後。




次が2月6日。




1月15日から2月6日までの23日間、全くツイートが出来ませんでした。


メッキ面への(手作業での)「加工」。

前編の最後に書いた、その膨大な量とともに精度もスピードも要求されるかなりタフな作業。

あれから2ヶ月経ち、あらためてあの当時の製作を思い返してもあれだけ集中していたのは模型製作では初めてだった気がします。

そんな23日間の間にどのような製作をしていたのか、Twitterではアップしていない画像なども含め部位毎に解説を加えたものをこの「金サザビー製作記(後編)」としたいと思います。
(製作中のほとんどの写真がiPhoneのカメラで一部粒子が粗く見づらい画像もありますがご了承ください)


【フロントアーマーの加工】

0421002.jpg

0421005.jpg


前編のほうは頭部加工が最後だったので、その続きから。
次に加工をはじめたのは腰部分でした。

必要な場所はパーツ分割をして、メリハリを出すための金色から黒への一部変更。
要所での凹モールドとスジボリ追加。
そして装甲パーツを薄く加工していきました。



【股間アーマーの加工】

0421003.jpg

0421006.jpg

ここには大きく目立つヒケがあったので一旦凹モールドを作成した後、プラバン工作で作った凸モールドを設置し、ディテールの一部としました。



0421007.jpg


そして映り込みの軽減。
メッキは鏡面仕上げ。角度によって大きくメッキ同士が映り込んでしまう場合があるのです。

あまり大きく映り込むと形状などわからなくなってしまうため、それをこの作品では「軽減」させています。
股間アーマーの一部分はカットして内部フレームを見せる形に。
その内部フレームもプラバンやスジボリ、凹モールドなどを加えてそれっぽく加工しています。



【サイドアーマーの加工】

0421008.jpg


ここにも大きなヒケがあったので、先程の股間アーマー同様に1度凹モールドを作成したのち、プラバン加工したものをはめ込みディテールの一部に。
各所に凹モールドを追加作成。



【肩上部の加工】

0421010.jpg

この部分にも目立つヒケがあったので開口後にプラバンで作ったディテールを設置。




【胸部横の加工】

0421011.jpg



【胸部全体の加工】

0421012.jpg

0421013.jpg


ここにも映り込みが大きい箇所があったので、黒または形状を変えることでそれを軽減させています。


0421014.jpg

そして、加工したプラバンなどを加え、各所にスジボリ、凹モールドを作成。


【肩サイドの加工】

0421015.jpg

ここも装甲パーツを0.2mm均一に薄く加工。
バーニアはアルミバーニア(拳王バーニア)に換装しました。

0421016.jpg

矢印の部分などはヒケ、またはゲート跡があったので形状をカットしたりプラバンを追加してディテールの一部としています。



【上半身の完成】
一部メッキ装甲裏の黒塗装をしていない箇所や、のちにディテールを加えていった箇所等ありますが約9割完成した時に撮った画像です。

0421017.png

0421018.png

0421019.png


この上半身が出来るまでの約3週間、かなりタフな製作になりましたが、
自分が当初イメージした形になんとか仕上がってくれたことにホッと安堵の気持ちと、それが形になって目の前にある高揚感みたいなものはとても大きいものでした。



【上半身の比較(赤いサザビー)】

0421020.png

0421021.png

0421022.png

0421023.png

0421037.png

緑の印をつけた部分がゲート跡、それを形状や場所にそれぞれ異なる形で処理していきました。

0421038.png





腕と脚【四肢】

0421039.png


本体残りの部分の四肢。これは脚の1枚の画像のみになりますが、四肢も上半身や腰部分同様に

・映り込み軽減のための形状変更及び黒への一部カラーリング変更
・目立つ大きなヒケ、ゲート跡を除去
・装甲パーツのフチを0.2mm均一に薄く
・各所に凹モールド、スジボリを作成

をしていき全身の完成となりました。





【全身の完成】

0421025.png

0421026.png

0421027.png



【世界大会に展示されていたキットとの比較】

0421029.png



当時のツイート





【バックパックの製作】

0421030.png

0421031.png

最後にバックパックの製作。
こちらもプラバンで加工したものを取り付けていき、スジボリ、凹モールドを追加していきました。


完成です。


【金サザビー完成】

0421033.png

0421034.png

0421035.png

0421036.png


作品名【金色(こんじき)のフラッグシップ機】


当時のツイート




Twitterのほうではお知らせさせていただいておりましたが、この金サザビーは今年全国ツアーを開催している
ガンプラEXPO2015ジャパンツアー」にて「GBWC歴代チャンピオン作例」として展示されています。
(スケジュールは以下のとおり)

0421040.png


もう一つ。
この金サザビーはメッキ部分にメッキ特有の「ギラつき」をやや抑えるコーティングを施しているのですが、やはり強い直接光だと光を反射しすぎてしまうため、今回の展示に際し光を当てすぎない、遮光のためのディスプレイも製作いたしました。


【展示ディスプレイの製作】

0421042.png

0421043.png

組み上げたトラスに3面の黒いパネルを被せ、横と後ろからの光を遮断する「3面遮光」をします。


0421044.png

最後に半透明のパネルを天井部分に乗せて、直接光を拡散させます(柔らかい光に変える)。


0421045.png

サザビーを中に入れるとこのような展示の形に。


0421046.png

天井の半透明のパネルあるなしです。
やはり直接光は光を反射しすぎてディテールや一部形状などが見えなくなるのです。


0421041.png


ガンプラEXPO、もうすでに名古屋は開催されたのですが(撮影はモデラーネーム「けんた君」)
名古屋だけでも開催期間中には本当に多くの方が金サザビーを写真に収めてTwitter等にアップしてくださったり、「金サザビー見ました」と声をかけてくださりました。ありがとうございます。。!


0421047.png


 金色の機鎧を纏いし剛き者。
 攻めて苛烈、守して堅く
 先陣奔らば味方を鼓舞し、対峙せし者は畏怖に湧く。
 駆けて華、座して華
 威風堂々たる佇まい、その者正しく金剛也。



Twitterのフォロワーさん「本源郷さん‏@hongenkyou」からこんな素敵な詩までいただき。。
本源郷さん、ありがとうございます!



そして再び今週末から今度は九州、福岡で「ガンプラEXPO2015ジャパンツアーin福岡」が開催されます。


この金サザビーも名古屋に続き展示されておりますので、ご来場いただいた皆様に一目見ていただけたら大変嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。





〜最後に〜

GBWC世界大会優勝でいただいた副賞のフル金メッキコーティングのサザビー。

同じく世界大会優勝のジュニアチャンピオンの子と合わせて世界に二つだけしかないもの。


 初めてとなる「成形色(メッキ塗装)を活かした作品」

 ミスができないメッキ面への加工


自分にとってたくさんの初めての経験も、その後に製作した作品でミス(スジボリや凹モールド作成)が以前より格段に減り、自分自身この経験を経てレベルアップを実感することとなりました。

なんとか自分なりの<色>を作品に落とし込み完成させることができ、そして多くの皆様に生で見ていただける機会をいただけたことを心より感謝いたします。



大変長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!


シュン
スポンサーサイト
2015-04-13 16:20 | カテゴリ:1/144 プチッガイ

こんにちは!

東京は桜の季節も過ぎ去り、本格的な「季節の変わり目」雨が多い季節となってきました。
でも来月は「一年で一番カラッとした過ごしやすい陽気の5月」
今から楽しみです。



さて、今回のブログ更新はある企画のために製作した「プチッガイ製作記」と、その製作に至るまでの経緯、そしてすこしそれに関してのお話を。


早速ですがプチッガイの製作記事です。

20150413-001.png



これは先日放映が終了した「ガンダムビルドファイターズトライ」にでてくる機体(キャラクター?)で、ガンプラとしてはベアッガイIIIとセットで販売されているキットです(もうすぐカラーバリエーションのプチッガイ単体での発売もあるみたいですね)

20150413-002.png


ガンプラと思えないほどかわいいです。。


今回、自分が作ってみようと思ったのは、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」にでてくる「べべ」という魔女のキャラクター。
これをプチッガイとミックスさせてみたいと。



20150413-004.png


このべべ、とてもかわいらしいんですが、劇中ではとんでもないことを。。。
容姿、行為ともに1度見たら絶対忘れない強烈なキャラクターなのです。


20150413-003.png


まずは簡単なイメージ画像を。かなりラフですがなんとなくのイメージが掴めたらそれでいいので。
バランス部分で若干身体部分に改善が必要だと感じましたが「ミックスは可能」ということで実際の工作作業の開始です。


20150413-005.png


【頭部】
かぶりものをするので必要のない耳の部分をカット(工作で初めてなんかかわいそう。。と思いながら耳を切りました)。
合わせ目を消して頭部の土台を作ります。



20150413-006.png

次にかぶりものを。
バキュームフォームという掃除機の吸引力を使った方法で熱したプラバンを吸引させ形を作ります。

【MSN-04サザビー製作日記 8】

以前製作したHGUCサザビー製作記の中ですこし自分のバキュームフォームの作り方や方法などを記事に書いてあります。


20150413-008.png


プラバンで作ったかぶりものをしてるプチッガイ。。。




20150413-009.png


【身体部分の造形】
次に身体部分、それは今回エポキシパテを使い造形をしました。
いきなり造形が終わってる写真で申し訳ないのですが、プチッガイの背後の削りカスを見ればわかるとおり、最初に形を盛る時は大きめに。そして削りながら造形をして最後に目の細かいヤスリなどで表面処理をしていく。。といった感じで製作していきます。



20150413-010.png


マントの製作。パテ同士、プラとパテが完全にくっついてしまわないように、間にマスキングテープをして造形をしていきました。


20150413-011.png


耳(?)もパテで作ります。



20150413-012.png


プロポーション比較。
手は長く、脚は短くしました。
この後、胸部のボタンなどをパテで作り、最後の塗装を。



20150413-012-5.png

20150413-013.png


【塗装】
首にまいてあるマフラーのようなものの水玉模様は、シールなどにはしたくなかったので、まずはピンクを先に塗った後、マスキングをしてその上から黒の塗料を塗りました。


20150413-014.png


頭部以外の塗装はこのような感じで塗り分けていきます(これもマスキングテープを使って)。


20150413-015.png


最後にかぶりもの(頭巾)を。これをなぜ最後にしたかというと、この頭巾は2分割されていたのでまずは顔の部分の塗装(白)、そして顔をマスキングして頭巾をかぶせ、合わせ目を消した後にピンクを塗装していきました。


20150413-016.png

ボタンや鼻などはエアブラシではなく、エナメル塗料で筆塗り。
まだツヤが残ってますが、最後にややツヤを取るトップコートを全体に吹いてコーティングして完成です。



【ベベッガイ完成】

bebe006.png


bebe005.png

bebe004.png




製作期間はおよそ3日。

いつもの「プラバンとパテ」を使った改修作品ですが、いつもはエッジがあればピンと立てるような作風とは真逆(エッジを全て丸める)の作品。。

でもパテによる造形もすごく楽しく、自分自身もリフレッシュが出来た作品となりました。




【ベベッガイ製作に至る経緯】


始まりは一つのメールからでした。

今までお世話になってきたGBWCの担当者の方が担当を変わられるというメール。


 今までお世話になったお礼に何か心のこもったお礼がしたい


とっさにそれを思いつきました。
そこからGBWCチャンピオン勢全員(オープンコース、ジュニアコース)にメールを。


=======メール一部抜粋した内容========

そこでご提案(ご相談)なのですが、みんなでお世話になった○○さんにプレゼントをしたいなと思いまして。。

お金を集めて何か。。。も考えたのですが、
○○さんが一番喜びそうなものと考えた時、作品ではないかと。。

○○さんが数年間一生懸命取り組んできたGBWCのチャンピオンたちが作る作品が一番じゃないかと思ったのです。

作品となるキットですが、同じものをみんなで作りたいと思っております。

最近単独リリースも決まったプチッガイ

また単体での発売はしておりませんが、あのベアッガイ3との一緒にでてるのを使って。

まさぼんさんにはめいちゃんと一緒に作る形で計5体のGBWCチャンピオン製プチッガイをプレゼントできたらいいなと思っております。

もちろん皆さんお忙しい身なので強制ではありません。

ご賛同いただいた方のみで製作していきたいと思っております。

作品もものすごく凝ったもの。。というわけではなく、2〜3日で出来るような作品と考えてます。

台座やプレゼント用の梱包等などは自分が製作いたしますので、
。。。


===========================


このメールを送った当日にほとんどの皆さんが「いいですね!やりましょう!」という快諾のお返事を。。。

(2012年チャンピオンの六笠さんは、大変お忙しかったようで製作のお返事を結局いただくことはありませんでしたが、当日プチッガイを作って持ってきて本人にお渡ししてました。)

皆さん、社会人で年度末の大変忙しい時期の中、二つ返事で快諾してくださり、本当に嬉しく企画者である自分が感動してしまいました。。


そして一ヶ月後、それぞれがそれぞれの持ち味を活かした見事なプチッガイが我が家に送られてきました。

皆さんの作品もご紹介します。


20150413-023.png

20150413-024.png

GBWC2011年チャンピオン
ヤマタツ君作品「次元覇王流プチッガイ」

ヤマタツ君らしい作品。ポージングがお見事。
火の鳥はまさぼんさん(めいちゃんのお父さん)が製作。



20150413-027.png

20150413-028.png

GBWC2014年チャンピオン
ヨシさん作品「めえっがい」

羊毛の質感、そして背中のウールマーク(ウールストライカーというらしいです笑)が見事でした^^



20150413-025.png

20150413-026.png

GBWC2011・2012・2013・2014年ジュニアチャンピオン
めいちゃん、まさぼんさん共同作品「トナッガイ」

パーティでご本人がされていたトナカイのコスプレをプチッガイに。
ダイヤをイメージしたネックレスまでご本人と一緒のもの。さすが女の子ですね^^


20150413-020.png

20150413-022.png

20150413-021.png

台座にはそれぞれのタイトル受賞年度のロゴと作品名、そしてモデラーネームを。

本当に素晴らしい作品ばかりでした。。。

メールのやり取りの中でも皆さん大変お忙しい時期だとわかり、中でもめいちゃんはその時期に中耳炎になりながらも期限に間に合わせて作ってくれました。。(このトナッガイはアクセサリーをつけるなど女の子らしい作品で、とってもかわいいです^^)

もうメール等では皆さんに何度も感謝の気持ちを伝えておりますが、この場借りて最後にもう1度だけ。。


今回のこのプレゼント企画は、皆さんのご協力がなければできないものでした。

お忙しい中、素晴らしい作品を本当に、、ありがとうございました。。!!


初めてとなるGBWCチャンピオン勢の同作による共演。それがコンテストや展示のためではなく、

お世話になった方へのプレゼント

というのも、とてもGBWCらしいな。。と感じます。



20150413-018.png


20150413-019.png


20150413-017.png



笑いあり、涙あり、すこし真面目な話や意見の衝突ありの密度の濃かった送別会。
(それも皆さん熱い想いあってこその衝突)


あの方の熱意と一生懸命さはとても大きく、それを感じたのは自分だけではありませんでした。
新しい環境でもその「熱意とがむしゃらさ」で頑張っていってほしいなと思います。

今までお世話になり本当にありがとうございました。
そして、おつかれさまでした!






さて次回は、もうすぐ開催される

ガンプラEXPOジャパンツアー福岡

にて展示予定の金メッキサザビーの製作記事「金サザビー製作後編」を更新する予定です(すこし間延びしてしまいすみませんでした)。


シュン

2015-04-02 15:30 | カテゴリ:1/12 R2-D2

こんにちは!

寒く長い冬が過ぎ去って最近はすっかり春めいた日々になり、桜も満開の気持ちいい季節になりました。

DSC_0142-S.jpg

DSC_0168-S.jpg

DSC_0169-S.jpg

DSC_0216-S.jpg

DSC_0159-S.jpg

DSC_0174-S.jpg

DSC_0235-S.jpg


自分も先日、毎年見に行っている新宿御苑にお花見に行ってきました。
ここには数千本の桜があるのですが、毎年本当に見事な桜たちに圧倒されます。


IMG_1283.jpg

そして今朝の自宅の近くの川も見事な咲きっぷりでした。。

明日からすこし天気も崩れて桜も散ってしまうと言われてますが、また来年もこの見事な桜たちが見れるのを楽しみに。。




1/12 R2-D2 製作記


本来であれば、前回の

MG サザビー Ver.Ka 【GBWC2013ゴールドトロフィーVer.】製作記(前編)

の続き

20150402016.png


MG サザビー Ver.Ka 【GBWC2013ゴールドトロフィーVer.】製作記(後編)の予定でしたが。。



20150402001.png

先週末バンダイより新発売になった「1/12 R2-D2」がどうしても作りたくなり、週末1日と平日1日の製作2日をかけて製作いたしました。


R2-D2だいすきなんです。。


ですので、今回は急遽「1/12 R2-D2 製作記」としてブログ更新いたします(すみません!)


1/12 scale R2-D2

20150402014.png


20150402005.png


いきなり完成写真です。


このR2、製作がわずか2日間ということもあり、製作途中の写真がほとんどないので、完成写真とあわせてすこしキャプションをいれていきたいなと思います。


20150402002.png

20150402003.png

20150402004.png



唯一の製作途中の写真です。
今回このR2にはほとんど新規のディテールは入れてないのですが、既存のモールドが若干太く感じられたので(0.2mmくらい)、それを新しく0.075mmにして彫り直しています。

最後の写真がすこしぶれてしまいましたが、去年のガンプラEXPOの実演デモンストレーションでも実演させていただいた「流し込みのスミイレをしない方法」をこのR2にも採用しています。



20150402006.png

20150402007.png

20150402008.png

20150402009.png


ブルーの部分は以前、HGUC シナンジュを塗装する際に用いた「キャンディ塗装」を採用しました。


20150402017.png

フロンタルの慟哭【HGUC シナンジュ】

何層かに分けるすこし手間のかかる塗装法なのですが、
メタリックともソリッドとも異なる、このキャンディ塗装の質感は自分は結構好きでよく用いています。


20150402011.png


頭部の合わせ目、ここはとても目立つので処理いたしました。
一部のブルーの部分を先にはめないといけなかかったため、先に塗装したブルーをはめこみ、そしてそのブルー部分にマスキングをして銀の部分を塗装しました。

そしてカメラレンズの周りのフチ、ここは薄く加工しています。
これはやはりノーマルだと若干太く、実際の映画に出てくるR2を参考にいたしました。

そしてレンズ。これはシールの指定だったのですが、さすがにシールだと安っぽく(ウソっぽく?)なってしまうため、市販品の透明レンズに換装をして、その透明レンズの裏側にそれぞれクリアブルー、クリアレッドを塗装し、光を拾うようその後ろ側にメッキのシールを貼っています。


20150402012.png

20150402013.png


かわいらしいですよね。。R2。
前脚は中に引っ込むようになっています。



20150402015.png


大きさは10cmないくらい。とてもコンパクトです。

このR2、今はもう会社の自分のデスクに置いて飾ってあります。


わずか2日製作でしたが、その中でも自分のカラーやテイストを取り入れながら楽しく作ることができました。


=================


そして、2013年8月のνガンダムの台座から2014年の10月まで、
1年以上お休みをいただいていた自身の模型製作も、


20150312002.png

Gセルフ(製作約1ヶ月、2014年11月完成)



20150312022.png

金メッキサザビー(製作約1ヶ月、2015年2月完成)



20150402014.png

R2-D2(製作2日、2015年3月完成)


あともう一つ未公開の作品が完成してるので、ほとんど休みなく4作品を作ることができました。
3年前に模型作りを再開してからこれほど短期間に4作品は初めてかもしれません。。

それくらい今は製作がすごく楽しく充実しているので、また新作をブログにアップ出来たらいいなと思います。


ではでは、また近々!


※今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。