-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-19 11:03 | カテゴリ:HGUC サザビー

1月18日に書いた製作記です。
ここでは、現代のガンプラのプロポーションの傾向とサザビーの肩の位置の修正について書いています。


===========================================



「愚民どもにその才能を利用されている者が言うことかっ!」

アムロに対するいらだちが頂点に。。


さて、製作の続きです^^

現在の製作はもうすこし先に進んでいますが、製作過程をはしょっても仕方ないので、ここは順を追って解説していきたいと思います
(せっかく写真も撮ったので。。(^^;)

今回は自分がよくやる修正の一つ

 肩の位置の修正(下にさげる)

です。

 なぜ肩を下げるのか

という理由ですが、まずは下記の画像をごらんください。


001_20120619105547.jpg


イラレを使って簡単に書いてみたのですが、一応ロボット(モビルスーツ)のつもりです。。(^^;

この2つのロボットを比較すると、どうでしょうか、左のロボットより右のほうが足が長く、そしてスリムに見えないでしょうか。

でも実はこれ全く同じ形なんです。違うのは肩の位置のみ。

これを見てもわかるとおり、同じ形でも肩の位置が違うだけで、全体的なプロポーションまで変化してしまうのです。

最近のガンプラは本当にどれも肩の位置が高い、それに加えて足も長くしています。
顔もちいさくして、全体的なスリム化もしている。


 すこしこれはやりすぎじゃないかな・・・


と思う事が多いのです。
スタイルは大事だけど、それによって、

 なんか肩をすぼませてビクビクしている

ようにも見えてしまう場合があります。


このHGサザビーも最近のガンプラの傾向にどっぷりと浸かっているタイプでした。


008_20120619105844.jpg



なので自分はこの

 2〜3mmの肩の位置の修正

を最近のガンプラではよくやります。たったそれだけでずいぶんと身体に厚みができ、そして全体的なプロポーションもすこしどっしりとバランスがよくなるのです。

やり方はいたって簡単です。

腕と胴体をジョイントしてる部分のパーツを切り取り、下にずらすだけです。

図で解説するとこんな感じです。

002_20120619105546.jpg


接着は瞬間接着剤(強力タイプ)を使用しています。

003_20120619105545.jpg

保持力キープのため、中に真鍮パイプを埋め込んでありますが、ここまでしなくてもよほど無理な動きをさせないかぎり大丈夫です(自分は接着剤だけでも取れたことがありません)

肩の位置を若干下げることで、以下のような


004_20120619105544.jpg

005_20120619105543.jpg


肩をすぼませてビクビクしているようなサザビー

ではなく、胸をはって威風堂々とした

006_20120619105542.jpg

007_20120619105556.jpg


 ネオ・ジオンのお山の大将(フラッグシップ機)

らしい風格のあるマッシブな雰囲気になってきたかな。。と思います^^

肩の位置の修正は簡単でありながら、全体的な雰囲気を変えられるものだと思いますので、宇宙世紀もののジオン系MS(ジオン系)など、とても有効だと思います。

ただしやりすぎ(下げすぎ)は禁物です。
やりすぎると

旧キット

になってしまいますので。。(^^;

あくまで<高すぎるのをやや下げる>です^^


では、また次回^^




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shunneige.blog.fc2.com/tb.php/11-65c67c8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。