-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-19 16:44 | カテゴリ:HGUC サザビー

1月27日に書いた製作記です。
ここでは、ショルダーアーマーの製作について書いています。


===========================================



「地球が持たん時が来ているのだ!」


さて、製作です^^

今回はこのサザビーの一番のポイントとなってくるショルダーアーマー(肩)の部分です。


001_20120619160740.jpg


この肩については非常に悩みました。

自分のサザビーのイメージとして、このプラモデル版サザビーの肩は

・長すぎる
・形状がアニメ版と違う
・のっぺり感


という問題点がありました。そこで今回は形状の変形と


 アウトライン強調でのメリハリ効果アップ


をしてみようと思います。まずはこの女性。


002_20120619160739.jpg


メイク前とメイク後の写真です。

この女性が変わった一番の違いは「目」です。

目にアウトライン(アイラインやマスカラ、アイシャドー)を入れることで、よりその部分を強調させ、目立つようにする。メリハリをつけることで同じものでも劇的な変化をもたらすことが出来るのです。

そしてアニメでも同様のことがいえます。
アニメにはしっかりとしたアウトライン(黒い枠)が描かれているため、分割がはっきりとされているのです。


では、プラモデルはどうでしょうか。

003_20120619160738.jpg


このように同じような形でも、アウトラインがひかれているアニメと、それがないプラモデルでは

のっぺり感

で格段の差がでてしまいます。

そこで、プラモデル版にも『アウトラインをしっかりとひく』という必要性が発生してきます。

まず、その一つとして有効なのが

 あらかじめ設定されているモールドなどにスミ入れをする


004_20120619160737.jpg


これをするしないではメリハリという部分で大きな違いが現れます。
写真左がスミ入れをしたガンダム、右がしていないガンダムです。
これだけでもかなりの効果があります。

このスミ入れ効果を応用し、それを『分割ラインにも活用』してみるのです。


005_20120619160736.jpg


これはサザビーの肩を正面から見たイラストです。

これを以下のように改修してみようと思います。


006_20120619160735.jpg


一つ前の日記で書いた「バキュームフォーム」を再び使用し、現在のフレームを内部フレーム化し、外部装甲を新規に作成、その分割ラインを曖昧にして、隙間を作る。

という方法です。

どうでしょうか、分割ラインを作ったほうがメリハリがでてくると思います。


007_20120619160815.jpg


この分割ラインの曖昧化は圧倒的な精密度を誇る「FORMANIA サザビー」でも、多く使用されています。

そして、肩アーマーの大きく開いた中身も、スラスターの設置、及びスラスターを守る装甲を設置することにします。


早速、製作の開始です^^


008_20120619160814.jpg


まずは長すぎた肩アーマーを大胆にカットします。 パテにてやや丸みを帯びた形状に変えたのち、



009_20120619160813.jpg


バキュームでプシューと圧縮、型を取ります。


010_20120619160812.jpg


そして現在の途中経過画像です。


011_20120619160811.jpg


わかりやすいように内部フレームになる部分を黒くしてみました。

ショルダー内のスラスターの装甲も作り、今のところイメージどおりになっています。

今後、イラストと実物のバランスを見て、イラストから若干の変更はあるかもしれませんが、このまま肩の製作を続けていきたいと思います。

ではでは、また次回^^


※どうでもいい話ですが、ガンプラを作ってる時は自分はいつもスコッチかバーボンを飲みます。
集中してる時は知らず知らずのうちに量が増えてしまいます。。(^^;


012_20120619160811.jpg


これがここ3ヶ月くらいで飲んだ量。。(これ以外にも5〜6本。。)

うーん。。すこし減らさないと。。(^^;




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shunneige.blog.fc2.com/tb.php/16-378a5bba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。