-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-19 16:49 | カテゴリ:HGUC サザビー

1月30日に書いた製作記です。
ここでは、ショルダーアーマーの製作の続きと、自分が愛用している便利なものを紹介しています。


===========================================


「アクシズ、いけッ! 忌わしい記憶とともに!」


さて、製作です。

現在のサザビーです。


001_20120619164303.jpg

002_20120619164302.jpg

003_20120619164301.jpg

004_20120619164300.jpg

005_20120619164259.jpg



A.肩の形状を変更、バキュームにて外部装甲を新規作成、分割ラインを曖昧化、今までの外装を内部フレームとし、内部、外部ともにモールド(スジ彫り等)を加える

B.肩前部のスラスターにメタルパーツ追加

C.肩横にスラスター追加(外装が赤のため、スラスターは青色に変更)

D.シリンダー追加

ざっとですが、以上です。

はぁ。。。時間かかるなぁ。。

ですが、だんだん良くなってきてると信じて、根気よく製作を続けていきたいと思います。


今回はもう一つ、


使ってみて便利だと思った『便利グッズ』

を紹介したいと思います。

今回はスジ彫りに使うスジ彫り用ツールです。


006_20120619164258.jpg


スジボリ堂 - BMCタガネ

会社の名前(スジボリ堂)で、すでにスジ彫りに対するプライドが感じられます(笑)

一言でスジ彫りといってもいろんな方法があります。
道具でいうと。。

目立てヤスリ
棒ヤスリ
Pカッター
彫刻刀
ケガキ針
エッチングノコギリ
カッターやデザインナイフ

ざっと挙げてみましたが、これだけでもさまざまな道具があり、
そして、それぞれ長所、短所があります。

自分も今までいろんな道具や方法を試してみましたが、
この「BMCタガネ」を使用して以来ずっと使い続けています。

このBMCは他とどこが違うのか・・・

その一番の違いは

 硬さと形状

です。


007_20120619164320.jpg


簡単に先端部分をアップにした時のイラストを描いてみましたが、一般的なケガキ針と比べてBMCは以上のような形をしています。

このような形をしているため、引いたラインも以下のようになるのです。


008_20120619164319.jpg


ケガキ針は削れば削るほど、そのラインの太さが変わってくるのに対し、BMCのほうはずっと変わらないままです。

そして、形状が安定した形のため、圧倒的に削りミスが少ないです(あくまで自分がやってみての感想です)

ですが、このような形は先端部分にかなりの負荷がかかり、

先端がすぐに欠けてしまう

という問題がありました。BMCはこの負荷がかかる先端部分に

「この世で一番硬い金属と言われているタングステン」

を使用していることで尖らせても折れにくくなっているようです(自分は折れたことはありませんが、無理にねじったりすると折れるらしいです)、

削りもストレスなくサクサクと削れます。
削った部分が全て均一の太さになるのも自分はすごく助かってます。

それぞれサイズが違うものがあるので、太さによって用途の使い分けができます。

自分は、
0.075mm
0.125mm
0.2mm
0.4mm

を持っており、以下の画像のように、場所によってそれぞれ使い分けています。



009_20120619164318.jpg


タングステンを使用しているため、少し値段は張りますが、
自分はこれでスジ彫りに対する苦手意識やストレスは激減しました。

ですが、0.075mmは本当に細いので、
初めての方は0.15もしくは0.2mmくらいから始めることをおすすめします。
それでも十分細いラインが描けますので。

個人的に非常におすすめできるスジ彫り用ツールです。

ではでは、また次回^^




管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://shunneige.blog.fc2.com/tb.php/17-5dfb43fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。